もろくてブレる文在寅大統領の「脱原発」 韓国、原発輸出を強化する自己矛盾

 【ビジネス解読】

 一滴の石油も出ない韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が6月に打ち出した「脱原発政策」が早くもいつ壊れるか分からない薄いガラスのようになってきた。自ら中断に追い込んだ新規の原発建設工事に再開の道筋をつけてブレ始めたばかりか、脱原発実現までの道のりが「60年以上」と長く、無責任さが露呈。その一方、原発輸出に力を入れる矛盾も指摘され始めた。文氏にとって「脱原発」は絵空事なのか-。

 「公約は(建設を)白紙化することだったが、多額の費用がかかっていることもあり、工事を続けるか世論調査を通じて決定する」。文氏は8月中旬、工事が中断している新古里(シンゴリ)原発5、6号機についてこう述べ、脱原発の急激な推進を自ら否定した。

 最終的な方向性は10月中に示されるとみられるが、工事再開の道を残した突然の方針転換で、脱原発宣言もトーンダウン。「本音がどこにあるのか」と関係者は首をかしげる。

 南部釜山郊外の海岸にある古里(コリ)、新古里両原発。ずらりと並ぶ巨大なドーム状の原子炉は「運転終了」「建設中」を含めると、計10基に上る。ここは韓国で最初の原発が設置された「発祥の地」。総発電量の30%を担ってきた韓国原発の象徴的な場所だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ