AIスピーカー、MSも 米各社の競争激化

 米マイクロソフトは23日までに、人工知能(AI)を備えた対話型スピーカーを米国で発売した。韓国サムスン電子傘下の大手音響メーカー製の「ハーマン・カードン・インボーク」で199・95ドル(約2万2千円)。日本での発売時期は明らかにしていない。

 AIスピーカー市場では、2015年に本格販売した米アマゾン・コムが先行し、米グーグルが追いかける構図。今年12月には米アップルも米国などで発売する予定で、競争がさらに激しくなっている。

 インボークはマイクロソフトの会話型AI「コルタナ」を搭載し、音質の良さが特徴。「ヘイ、コルタナ」と呼び掛けて質問や指示を出すと、音声で応答。予定確認や音楽再生のほか、ニュースを読み上げたり、インターネット電話「スカイプ」を利用したりできる。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ