仮想通貨「ビットコイン」また急騰 再分裂で“新通貨”?相場急落も

 インターネット上の仮想通貨の代表格「ビットコイン(BTC)」が再び急騰し始めた。10月中旬に入って最高値を連日更新し、1BTC=6000ドルをうかがう展開となっている。米金融大手がBTC関連事業への参入検討を表明するなど市場拡大への期待が高まるほか、「近く再分裂して新たな仮想通貨を獲得できるかもしれない」との観測が広がり、買いが集中しているもようだ。今後、1万ドル超えを果たすとの見方もある一方で、相場の急落を警戒する向きも根強く、市場では、さまざまな思惑がうごめいている。

 米情報サイト「コインデスク」によると、BTCは10月12日に1BTC=5000ドル台前半に達し、9月初旬につけた高値を更新した。翌13日に入っても伸び続け、一時5800ドル台に乗せて最高値をつけた。その後も高値水準を維持し、6000ドルの大台をうかがう状況が続く。

 10月初めに米金融大手ゴールドマン・サックスのロイド・ブランクファイン最高経営責任者(CEO)が「BTC(関連事業)について検討し続けている」と発言したことなどで、取引拡大を見込んだ投資家が買い姿勢を強めたとみられる。

 システムの処理能力改善をめぐり、8月に起きた分裂が近く再び起き、新たな通貨がもらえるとの思惑から買いが集まっているとの観測もある。同月の分裂では新通貨「ビットコインキャッシュ(BCC)」が生まれ、BTCの保有者には同数のBCCが付与された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ