中韓スワップ延長で韓国「親中」続くか 中国から「降伏文書」要求される

 【ビジネス解読】

 中国と韓国の通貨交換(スワップ)協定延長をめぐり、韓国内でさまざまな憶測がささやかれている。中韓両国は期限満了日の10月10日に契約を3年間延長した事実を公表せず、数日後に訪米中の韓国高官が記者団に明らかにする“異例”の形だったからだ。韓国内では冷え込んだ両国の「関係改善」に期待が高まるが、一筋縄ではいかないのが中国。27日の朝鮮日報日本語版(電子版)は、在韓米軍の「高高度防衛ミサイル(THAAD)」配備をめぐって、中国が韓国に対し「中国の利益を侵害した」と認める“降伏文書”を要求していると報じた。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、難しい対中外交を迫られている。

 「(10日に延長で)最終合意した」

 共同通信や韓国メディアによると、米ワシントン滞在中の金東●(=なべぶたに八の下に兄)(キム・ドンヨン)経済副首相兼企画財政相と韓国銀行(中央銀行)の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁は13日、中韓スワップ協定についての記者団の質問に対し、こう打ち明けた。11日に発効し、金額は緊急時に3600億元(約6兆1400億円)相当を限度に融通し合う従来の内容を踏襲したという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ