ベネズエラ国債格下げ S&P、選択的デフォルト

 米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は14日までに、深刻な財政難に直面する南米ベネズエラの外貨建て長期国債の格付けについて、一部の債務を履行しない「選択的デフォルト(SD)」に引き下げたと発表した。

 S&Pは格下げの根拠として、ベネズエラ政府が2億ドル(約230億円)分の国債利払いを12日までに実行しなかったことを挙げた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ