7兆円超で米保険大手買収 薬局チェーンCVS

 米ドラッグストアチェーン大手のCVSヘルスは3日、米医療保険大手のエトナを買収することで合意したと発表した。買収額は690億ドル(約7兆7700億円)で、負債を含めた総額は770億ドルに上る。今年最大規模の買収となる。来年下期の完了を見込む。

 CVSのラリー・メルロ最高経営責任者(CEO)は、顧客の健康管理に関する豊富なデータや経験を持つ両社のノウハウを融合して「使いやすく、安価なサービスを提供する」と説明した。CVSの店舗網を活用し、幅広い分野の健康相談を受け付けるほか、糖尿病などの慢性疾患を持つ人の健康管理サービスに力を入れる。

 米インターネット通販大手アマゾン・コムは、医薬品販売への参入を準備しているとされる。CVSには、経営基盤を強化してアマゾンを迎え撃つ狙いもありそうだ。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ