シャープが東証1部復帰 平成12年以降でわずか2例 東芝は前途多難

 東京証券取引所は7日、シャープの株式の上場先を東証2部から1部に復帰させた。東証ではセレモニーが行われ、シャープの戴正呉社長らが記念の鐘を打ち鳴らした。戴氏は後任を育成するため、平成30年1~6月中に共同最高経営責任者(CEO)体制へ移行して権限移譲を進める方針を明らかにした。

 戴氏はセレモニー後の記者会見で、「(昨年8月に)社長に就任したときからの目標を果たすことができた。株主や取引先などに感謝する」と語った。

 戴氏は親会社の台湾・鴻海精密工業から派遣されて社長に就任した。自身の進退についてはこれまで、東証1部復帰後に退任する意向を示唆していたが、この日の会見では「次は中期経営計画の達成。最終年度の31年度まで全力挙げて取り組む覚悟だ」と表明。「退任したい意向は変わらないが、私のわがままになる。30年度以降の経営体制は取締役会と株主総会の判断に委ねる」などと説明した。

 シャープは平成28年3月期まで2年連続で2千億円を超す巨額赤字を計上。負債が資産を上回る債務超過に陥り、東証の規定で28年8月に2部に降格した。その後、鴻海の出資を受けて債務超過を解消、今年11月に1部復帰が認められた。

 7日のシャープの株価は、東証2部での取引最終日となった6日の終値より20円高い3905円で始まったが、その後は利益を確定しようとする売りに押されて値を下げ、終値は80円安の3805円だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ