米GE、1万2千人削減 電力機器事業の不振で

 米電機大手ゼネラル・エレクトリック(GE)は7日、不振の電力機器事業について、全世界で約1万2千人を削減すると発表した。化石燃料を使った発電機器の需要が低迷しているため。ブルームバーグ通信によると、人員削減の規模は同事業の約18%に相当する。

 GEは削減する人員の地域別の内訳を公表していないが、大部分は米国以外という。

 人員削減は来年に向けた10億ドル(約1100億円)のコスト削減計画の一環。GEは「この決定は痛みを伴うが、GEの電力事業が、市場の混乱に対応するためには必要だ」と説明している。

 電力事業を巡り、ドイツの電機メーカー、シーメンスも11月、再生可能エネルギーの普及で、大型ガスタービンなどの需要が低下したとして、今後数年間に約6900人の人員を削減すると発表している。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ