米下院、つなぎ予算案可決 政府閉鎖回避へ前進

 米議会下院は7日の本会議で、9日から22日までの連邦政府の支出を手当てする短期のつなぎ予算案を賛成多数で可決した。上院が可決し、トランプ大統領が署名すれば成立する。予算の期限切れに伴う政府閉鎖の回避へ前進した。

 現在の暫定予算が期限切れとなる8日までに新たな予算が成立しない場合、トランプ政権は政府機関の一部閉鎖に追い込まれる。与党共和党の上院執行部は、期限内に予算案を可決する方向で調整している。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ