ラインが新たなAIスピーカー発売 ラインキャラクターの形の廉価版

 LINE(ライン)は8日、話しかけると人工知能(AI)が認識し、音楽の再生や家電操作などをする「AIスピーカー」の新作「クローバフレンズ」の予約販売を開始した。LINEのキャラクター、ブラウンとサリーの形で、10月に発売したLINEのAIスピーカー第1弾「クローバウェーブ」の廉価版という位置付け。LINEはスマートフォンアプリのLINEとの連携を他社のAIスピーカーとの差別化ポイントとしており、ラインの無料音声通話の発着信にも近く対応する。

 価格は8640円。楽天市場などで予約でき、14日以降に配送する。4千万曲以上が聴ける月額960円のラインミュージックが6カ月間使えるセットは来年3月末まで6750円で提供し、クローバウェーブ本体のみの価格より7250円安い。

 ただ、ウェーブが備えていた赤外線で家電が操作できる機能はなく、別売りの部品で対応する予定だ。

 キャラクターの形にしたことについて、広報担当者は「パートナーや家族の一員のように親しみを持って話しかけてもらうことを想定した」と説明している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ