国内自動車大手がEVよりもFCV(燃料電池車)にこだわるワケ

 二酸化炭素(CO2)を排出しない太陽光や風力などの再生可能エネルギーからも水素を製造し貯蔵できるため、「温暖化対策の切り札」になる。

 例えば、日照時間が長い夏に太陽光パネルで発電した電力の余剰分で、水を酸素と水素に電気分解。その水素をステーション内のタンクに運んで貯蔵し、必要なときにFCVや住宅用燃料電池に供給できる。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券の杉本浩一シニアアナリストも長くためられる水素の特長に注目し「再生エネの有効活用を促す選択肢はEVだけでは狭い」と指摘。地熱や雪解け水など各地域で消費しきれない再生エネの「受け皿」としてFCVなどを生かす可能性にも注目する。

 ただ、FCVの普及に向けたハードルは高い。クラリティフューエルセルの車両価格は700万円台。日産自動車のEV「リーフ」は最安グレードで半分以下の315万360円。いずれも国などの補助金を受けられるが、EVの方が手が届きやすい。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ