トヨタが自動運転EVの試作車 宅配やライドシェア、2020年代に実証実験へ

 【ワシントン=塩原永久】トヨタ自動車は8日、米ラスベガスで自動運転の電気自動車(EV)の試作車を発表した。ライドシェア(相乗り)や宅配など、さまざまな事業者による利用を念頭に床の低いバスのような形となっている。20年東京五輪・パラリンピックでは一部機能を使った車両を投入し、会場での移動などに活用してもらう。

 ラスベガスで9日開幕する家電見本市「CES」を前に発表会を開き、試作車を公開した。試作車の名称は「e-Palette Concept(イーパレット・コンセプト)」。

 トヨタは自動運転のソフトウエアなどを公開し、外部企業と連携して基盤技術の開発を進める。ラスベガスでの発表会で、豊田章男社長は「私たちが実現したい移動サービスの屋台骨となるのはプラットホームだ」と指摘。基盤技術の開発にあたって、米アマゾン・コムや米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズなどと提携したことも明らかにした。

 試作車は全長4~7メートルで用途に応じて3サイズがある。ホテルや小売り店舗といった幅広い活用も視野に、米国などで20年代前半に実証実験に乗り出す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ