東芝、芝浦メカトロニクス株を52億円で売却

 東芝は15日、グループで半導体製造装置を手掛ける芝浦メカトロニクス(横浜市)の株式の売却額が約52億円になると発表した。売却方針を昨年12月に発表しており、保有株式の約73%に当たる1378万4000株を手放す。売却先は芝浦メカトロニクスや信越エンジニアリング、投資家ら。発行済み株式総数に占める保有割合は現在の36.54%から約10%に下がり、持ち分法適用会社から外れる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ