東芝、債務超過解消が確実 WH関連債権売却の契約締結 4100億円の資本改善

 東芝は18日、経営破綻した米原発大手ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)の関連債権を米ファンド、バウポスト・グループに売却する契約を結んだと発表した。売却益と税負担の軽減効果を合わせて約4100億円の資本改善が見込めるため、債務超過の解消が確実になった。資産が負債を約2700億円上回る見込みだ。

 東芝は当初、平成30年3月末の債務超過額を約7500億円と見込んでいたが、昨年12月に約6千億円の第三者割当増資を実施して財務体質を大幅に改善した。ただ債務超過を解消するためには、さらに資本改善を進める必要があった。

 東芝は3月末までに半導体子会社「東芝メモリ」(東京)の売却完了も目指している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ