コインチェック巨額流出 仮想通貨Q&A 投機目的で急成長…1500種、時価総額は55兆円 ネット上で海外送金や商品購入

 巨額の仮想通貨が流出した大手取引所「コインチェック」に対し、金融庁は29日、業務改善命令に踏み切った。「次世代の通貨」として期待を集め、急速に存在感を増していた仮想通貨とはどういうものなのか。今回のトラブルが市場に及ぼす影響と合わせて、Q&A形式でまとめた。

 Q 仮想通貨とは

 A 紙幣や硬貨のような実体はないものの、カネのような役割を持たせた電子データのこと。代表的なのはビットコインやリップルで、NEM(ネム)もその一つ。全体では1500種類程度あるとされ、時価総額は計5千億ドル(55兆円程度)を上回っている。

 Q どう使うのか

 A ビットコインやネムはインターネット上で商品購入や送金に使え、飲食店や家電量販店など利用可能な店舗も増えている。ビットコインは海外送金で複数銀行を経由しないため手数料が安いのも特長だ。

 ネット上の専門の取引所で、円やドルなどの法定通貨と交換できる。利用者は30~40代が中心で、実際に支払い手段として利用するよりも投機目的で保有する人がほとんど。価格は激しく乱高下し、ビットコインは昨年初めから1年で一時20倍以上に高騰した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ