コインチェック巨額流出 流出先口座から資金移動 仮想通貨、30日夜に11回

 仮想通貨取引所大手コインチェックから流出した仮想通貨「NEM(ネム)」が、流出先の口座アドレスから別のアドレスに100単位ずつ移動されたことが31日、分かった。30日午後10時半すぎから約30分間に計11回にわたって移動があった。監視のかく乱が狙いとみられる。

 コインチェックが顧客から預かっていたネムは、26日未明に一つのアドレスに流出。その後、計9アドレスに送金された。30日夜の送金は、最初にコインチェックからネムが移動した先のアドレスで確認された。

 流出したネムの追跡システムを開発した国際団体「ネム財団」もインターネット上で、この新たな資金移動を確認しているという。

 コインチェックは30日夜、ホームページ上で「出金の一時停止について数日中にも再開に関する見通しをお知らせする」と公表した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ