仮想通貨流出 コインチェック取締役「一歩一歩、事業の再生に向けてやっている」も、詳細は「お答えしかねる」

 コインチェックの大塚雄介取締役は13日夜、東京都内の本社前で記者団の質問に答え、同日再開した日本円での出金で、401億円分の要請に応じたことを明らかにした。一問一答は以下の通り。

 「本日、金融庁からの業務改善命令からの報告書を提出した。われわれとしては継続して事業をする。一歩一歩確認しながら事業の再生に向けてやっている」

 「今まで止めていた出金を再開した。本日付で401億円は既に終了。明日以降、出金指示をいただいたものも継続して出金する」

 「NEM(ネム)の補償のめどは、時期についてもある程度付きつつある。明確な時期が確定すればご報告する。仮想通貨の送金と売買についても外部のセキュリティーの専門会社と一つずつ確認してネットワーク、システムの安全が確認できれば再開する形で順次進めている」

 「いま一歩一歩確認をしながら改善している。本日の時点でお答えできることはここまでだ。ありがとうございます」

 --金融庁に出した報告書の内容や当局とのやりとりは

 「お答えしかねる。内容は進めている最中だ。お答えできない。あくまでもプレスリリースで書いた通り」

 --再発防止策として監視を増やすとかコールドウォレットで対応するとか

 「いまの時点でお答えできることはない」

 --補償のめどはいつか

 「繰り返しになるが、正式な日付が決まったら報告する」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ