仮想通貨流出 コインチェック取締役「一歩一歩、事業の再生に向けてやっている」も、詳細は「お答えしかねる」

 --補償の算定方法、額を見直すことは

 「公式な形で金額、数量をお答えさせていただいている。あれで全てだ」

 --401億円引き出しがあり、残りの日本円についても依頼があれば応える

 「そうです」

 --ネムの補償がはっきりしないのは

 「資金はある」

 --顧客資産と会社資産を分別したうえで手当てできている

 「そうだ。分別管理が前提だ」

 --預けたネムを日本円では引き出しできないか

 「本日時点では日本円で持っていた分の出金依頼を受けて対応している」

 --他の仮想通貨は

 「現時点では仮想通貨での出金はできない」

 --金融庁の登録が遅れた原因は

 「今回の件とは関係ない」

 --(北朝鮮との関係が指摘される)匿名通貨の取り扱いは

 「継続してやっていく」

 --仮想通貨の売買ができず売却の機会を逸した損害賠償も

 「申し訳なく思っている。送金と売買をしばらくお待ちいただいている」

 --交換業者として続けていけるのか

 「事業を継続させていただく。登録もさせていただいて、事業継続をする」

 --登録できなかったら

 「登録できなかったら違法になる。事業ができなくなる」

 --(流出発覚から)この2週間で決まったことは何か

 「外部の専門家がセキュリティーを確認し、日本円の出金はできると確認して出金した。仮想通貨の売買と送金も前に進めている」

 --全てが完了するまでには

 「見通しはついているが、正式な見通しがついていつから再開できるとなってから報告する」

 --ネム以外の仮想通貨を持っている人も相場が下がって損切りもできない。めどは出せないのか

 「いつぐらいだとお伝えしたい。ただ、正式な形で決まってから報告したい」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ