自動車、電機ベア前年超え 好業績背景、日産は満額 春闘集中回答日

 平成30年春闘は14日、主要企業の集中回答日を迎えた。焦点のベースアップ(ベア)は、労働組合の要求に満額回答した日産自動車をはじめ自動車大手や電機大手が、好業績を背景に前年を上回る水準で決着した。デフレ脱却に向けて安倍晋三首相が求めた「3%賃上げ」に対し、5年連続のベア実施に踏み切る。

 自動車や電機などの労組で構成する金属労協の本部(東京都中央区)では14日午前10時過ぎから、各社の回答結果が報告された。

 自動車大手労組のベア要求は昨年と同じ月額3千円。トヨタ自動車が前年実績の月額1300円を超える水準でベアを実施すると労組に正式回答した。具体的な金額は非公表だが、期間従業員への家族手当の導入などを含めると、全組合員の昇給率は平均で月額3・33%となる。日産自動車はベア3千円と、要求に対し満額で回答し、ホンダも前年より100円多い1700円で回答。年間一時金(ボーナス)は、トヨタが6・6カ月、日産が5・8カ月と、それぞれ労組の要求通り回答した。ホンダも満額回答する見込みだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ