野菜高騰のウラで急増していた中国野菜の輸入 安全性は大丈夫か?

 【経済インサイド】

 国産野菜の生育不良に伴う価格高騰で、キャベツなど葉物野菜の輸入が激増している。それで価格が抑えられれば、消費者にとっては歓迎すべき話なのだが、実は、輸入量の9割以上を占めるのは残留農薬問題のイメージが根強く残る中国産だ。食の安全は確保できるのか、気になる人も多いだろう。。

 農林水産省が2月に実施したスーパーなど量販店の価格調査では、1キロ当たりの全国平均価格は、ハクサイが386円、キャベツが455円、レタスが1048円とそれぞれ平年の2倍前後も値上がりしている。同省によると、3月後半もハクサイとキャベツは高値水準で推移、レタスは平年並みに戻るという。

 これに対し、1月の輸入野菜の価格はハクサイが46円、キャベツは43円、レタスは143円で、国産に比べて7分の1~10分の1程度と、かなり安い。同省によると、キャベツなど葉物野菜は傷みやすく輸送コストもかさむため、スーパーなどで販売されている商品は国産が主流だ。輸入品は、野菜を大量に使用する加工食品や外食といった業務用の不足を補うために使われているという。この冬は国産の高値が続き、業務用を中心に安い輸入品が流れたようだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ