トランプ米大統領、議会に米貿易促進法の延長要請

 トランプ米大統領は20日、議会が持つ通商交渉の権限を大統領に一任する貿易促進権限(TPA)法を3年間延長するよう議会に要請した。延長されれば、カナダ、メキシコとの北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉などが進めやすくなる。

 TPA法はオバマ政権時代の2015年6月に成立した。18年6月で期限が切れるが、議会が反対しなければ21年まで延長される。

 米通商代表部(USTR)は2月末に公表した通商政策の年次報告書で、TPA法の延長を議会に求める方針を示していた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ