ヤフー、仮想通貨参入を発表 今秋にサービス開始

 ヤフーは13日、仮想通貨交換業者のビットアルゴ取引所東京(東京)に資本参加し、仮想通貨事業に参入すると発表した。今秋に取引所サービスを始める。ヤフーのセキュリティー技術で安全な運営を支援。仮想通貨の中核技術であるブロックチェーンを応用した新事業も視野に入れている。

 ビットアルゴは昨年12月に金融庁への登録を済ませ、サービス開始の準備を進めている。ヤフーの完全子会社で新規事業を手掛けるZコーポレーション(東京)が今月中に、増資引き受けなどを通じてビットアルゴ株式の40%を取得。残り60%はビットアルゴの現在の親会社が引き続き保有する。

 IT業界ではLINE(ライン)が新会社を設立し交換業者登録の手続きを始めるなど、仮想通貨事業に参入する動きが出ている。ヤフーの参入検討は3月に表面化していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ