米、日本とのFTAに意欲 TPP復帰は再交渉条件

 トランプ米政権で経済政策の司令塔を務めるクドロー国家経済会議(NEC)委員長は17日、フロリダ州パームビーチで記者団に「いつかの時点で日本と自由貿易協定(FTA)を結びたい」と述べた。環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に関しては、米国の復帰には再交渉が条件になるとの考えを強調した。

 トランプ大統領は17、18日の安倍晋三首相との会談で、こうした考えを伝えるとみられる。クドロー氏は米国が発動した鉄鋼とアルミニウムの輸入制限の対象から日本を除外するかについても、両首脳が協議するとの見通しを示した。

 クドロー氏はTPPについて「米国にとって利益になる協定でなければならない」と説明。その上で「現時点でトランプ氏は復帰することが米国の利益になるとは確信していない」と語った。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ