SUV人気が衰えない3つの理由 ライバル不在の競争で品質向上

三菱自動車が4年ぶりに発売した新車「エクリプスクロス」

三菱自動車が4年ぶりに発売した新車「エクリプスクロス」

 国内外を問わず自動車メーカーがこぞって新型モデルを発売し、ブームが続いているSUV(スポーツ用多目的車)。近年はアウトドアやオフロード走行だけでなく、街乗りや日常使いに適したコンパクトSUVも多数登場しているが、そこまで人気が衰えない理由は何か。モータージャーナリストの鈴木ケンイチ氏が解説する。

* * *

 最近、自動車業界で注目を集める存在がSUVです。昨年春には、トヨタのSUVである「C-HR」が、月間販売台数ナンバー1を獲得するという驚きが発生しました。なんと「プリウス」も抑え、「アクア」や「フィット」よりも、SUVの「C-HR」がたくさん売れたのです。

 マツダも昨年に発売開始したSUV「CX-8」が、予想を上回るペースで売れていると言います。スバルは、2018年3月末に開催されたニューヨーク国際ショーにおいて新型SUVの「フォレスター」を発表して、大きな話題を集めました。また、三菱自動車は4年ぶりとなる新型車としてSUVである「エクリプスクロス」を発売。最近の日本の新型車の話題の中心にはいつもSUVがあったのです。

 さらに海外に目を向けると、ジャガーやアルファロメオといったスポーツカー色の強いブランドが相次いでSUVを発表。ベントレーなどの超高級ブランドまでもSUVをリリース。つまり、日本だけでなく、世界規模でSUVへの注目度が高まっているのです。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ