セブン、店頭で民泊チェックイン JTBと提携 6月開始

 セブンーイレブン・ジャパンは18日、一般住宅に有償で泊まる「民泊」の無人チェックインサービスを始めると発表した。旅行大手JTBと組み、店頭に専用機械を設置。民泊のルールを定めた住宅宿泊事業法の施行に合わせ、まず東京都内で6月15日に開始する。

 新サービスは「フロントデスク24」と名付け、宿泊施設にオーナーが同居していない「家主不在型」の民泊に対応。宿泊客は専用機械に顔写真やパスポートを撮影させ、暗証番号を入力して本人確認を行う。家主側は部屋の鍵を機械の中に収めておけば、本人確認後にロックが外れて宿泊客に自動で引き渡される。

 同法律は民泊の事業者に対し、対面または情報通信技術を用いた本人確認の徹底を義務付けており、セブンは国内約2万の店舗網を生かして代行業務に参入する。今年10月末までに50店、平成32年度までに1千店へ展開するという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ