米財務長官が訪中へ トランプ氏、貿易協議で「取引成立の可能性」

 トランプ米大統領は24日、ムニューシン財務長官が近く訪中し、通商分野の対立解消に向けて中国側と協議すると明らかにした。トランプ氏は、米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表を含む数人が訪中すると言及。貿易不均衡や知的財産侵害などの米中間の懸案を含む幅広い協議となる可能性がある。

 トランプ氏はフランスのマクロン大統領との共同記者会見で、「中国との貿易は長い間、米国にとって公正ではなかった。この問題を解決する」と語った。

 ムニューシン氏は、米ワシントンで19~20日に開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議などに出席した中国政府の幹部と面会。21日の会見で訪中を検討する方針を示すと、中国商務省が「歓迎する」との談話を発表した。

 トランプ氏は会見に先立ち、報道陣に「取引を成立させる大変よいチャンスになる」と述べる一方、巨額の対中貿易赤字に強い不満を示した。貿易や為替政策を担当するムニューシン氏と、知財侵害への対中制裁を監督するライトハイザー氏を派

遣し、不公正貿易の是正を中国に強く迫るとみられる。(ワシントン 塩原永久)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ