「ビットコイン」売却するべき4つの理由 もっと優れた仮想通貨はいくつもある

 ブロックチェーン技術は素晴らしく、仮想通貨は流行しているが、それはビットコインに未来があることを意味しているわけではない--TheStreetが、「いまビットコインを売却するべき4つの理由」を紹介した。

 著者のマーク・セバスチャン氏はシカゴオプション取引所や米証券取引所などを経て、現在は投資家やトレーダーにオプション取引のトレーニングを行う企業の代表を務めている。

 集団志向リスク

 セバスチャン氏によると、ビットコインの価格が上昇した理由は、周囲がビットコインを購入しているから自分も購入した方がいいだろうという心理に一般投資家が動かされたことに依るところが大きい点だ。

 ビットコインの急騰はこの「集団志向」の典型的なケースだった。昨年12月にビットコインが1万9000ドル以上に達したのは、機会損失に対する不安心理(FOMO、the Fear of Missing Out)に駆られたあまり知識のない一般投資家たちによるもので、特にアジアではこの集団志向に動かされた投資家がビットコインの価格を驚くべきペースで急騰させたという。

 規制リスク

 ビットコインの強みの1つは海外送金が簡単である点だが、これは弱みにもなり得る。規制が課せられれば、その強みをすぐに失ってしまうことにもなるからだ。

 アジア諸国ではビットコインに対する規制を課す動きがすでに出始めている。特に中国政府はビットコインへの投資に対する警戒心を高めている。

 規制とは一般的にはほぼ全てに対してあまり良い影響を与えるものではない。FANG株(米Facebook、米Amazon.com、米Netflix、米Googleの米大手IT企業4社の株)の動きを見ると、規制リスクによってボラティリティが高まり、数年前と比べれば現在は不振と言っていい。

 損失を被った投資家による影響

 過去にビットコインの価格を急騰させたのは一般投資家だが、今の彼らは損失を被っている状況だ。このような状況で彼らが過去に行ったように再びビットコインに投資をする可能性はあまりないだろう。購入するタイミングを誤り貧乏くじを引いてしまった投資家は、今や手持ちのビットコインを売る機会を伺っているだけだ。

 ビットコインより優れた仮想通貨がある

 ビットコインより優れた仮想通貨はいくつも存在する。リップルやライトコインなどは資金移動の処理も非常に速く、大物による後ろ盾もあったりする。人気が爆発した、ブロックチェーン上で猫を育てるゲーム「クリプトキティーズ」は、イーサリアムのネットワークを活用した。

 ”仮想通貨の勝者”がイーサリアム、リップル、またはライトコインの中から誕生する可能性があるとしても、ビットコインになることは考えにくい--セバスチャン氏はそう指摘している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ