「エヴァ新幹線」がラストラン、鉄道ファン見送る

 人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のデザインをあしらったJR西日本の500系山陽新幹線こだま号「500 TYPE EVA」が13日、営業運転を終えた。新大阪駅では最終列車を一目見ようとアニメ、鉄道双方の大勢のファンが詰め掛け、運行終了を惜しんだ。

 同日午前11時10分過ぎ、エヴァ新幹線が新大阪駅に到着すると、ホームに集まったファンらは熱心に撮影。小さい子供をおんぶしたり抱きかかえたりして車両を見せる父親の姿も目立った。

 JR西によると、エヴァ新幹線は山陽新幹線の全線開業40周年と同アニメの放送20周年を記念して平成27年11月に登場。アニメの主人公が乗り込む兵器「エヴァ初号機」をモチーフにした外装で博多-新大阪間を1日1往復で運行した。

 1号車には乗り込んで対戦ゲームが楽しめるコックピットを設置。当初29年3月で終了予定だったが、アニメの世界観が味わえるとして、外国人旅行客からも想定以上の利用があるなど好評だったため、運行が延長されていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ