「人生100年時代」40代でもう定年後を意識!? メットライフのサイト「♯老後を変える」大人気

 「備える」では、「老後のお金を備えるために、若いうちは何をすべき?」と題し、ファイナンシャルプランナーが、無理をせず柔軟に貯蓄する方法を指南する。

 これまでに延べ約150万人が同サイトを閲覧し、メットライフ生命は「関心が高いという手応えを感じる」(日下部真一ブランド企画部長)。特に反響が大きかったのは、認知症や病気予防に関した記事だという。日下部氏は「長寿化が進んだことで若い人の間で漠然とした老いへの不安が広がっている」と要因を分析する。

 最近は、雑誌で老後への備えや定年後の過ごし方についての特集記事が目につくようになったが、50代半ば以降の定年直前世代向けのものが多い。

 「♯老後を変える」の編集長を務めるデジタルマーケティング業、エヌプラスの中村祐介代表は「40~50代に向けたコンテンツはこれまでなかったのではないか」と語る。「定年直前に老後の準備を始めても遅く、40代の潜在ニーズは十分あったと思うが、ニッチな市場だったため(コンテンツが)存在しなかったのだろう」と分析する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ