明治HD、海外比率を20%に拡大方針 昨年度は6%台 食品など伸ばす

 明治ホールディングス(HD)の松尾正彦社長は17日、東京都内で記者会見し、平成38年度に、29年度には6%台半ばだった海外比率を20%に引き上げることなどを盛り込んだ中長期の経営計画を公表した。食品事業では4%を10%以上に、薬品事業で23%を30%以上にそれぞれ拡大させる計画だ。

 同社は32年度までに3300億円の設備投資を実施する計画だが、そのうち2割を海外事業強化に充てる方針だ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ