トランプ氏、ZTEに巨額罰金検討 米中協議「不満足」

 【ワシントン=塩原永久】トランプ米大統領は22日、中国が求める中国通信機器大手、中興通訊(ZTE)への米制裁解除に関連し、制裁の代替策として、ZTEに巨額の罰金を科すことや、経営陣の刷新を要求する検討をしていることを明らかにした。制裁を解除するかは「中国と協議中で合意していない」と述べるにとどめた。

 ホワイトハウスでの文在寅・韓国大統領との会談冒頭、報道陣に語った。

 トランプ氏は、制裁により米企業からの部品供給が断たれたZTEについて、「米国から膨大な量の部品を買っている企業だ。倒産すれば米企業に大きな損害が及ぶ」と述べ、制裁解除に前向きな姿勢を示した。

 一方で「巨額の罰金を検討している。13億ドル(約1400億円)になるかもしれない」と言及。ZTE経営陣の入れ替えを制裁見直しの条件とする意向を示した。先週の米中協議の結果について、トランプ氏は「満足していない」とも述べ、一層の譲歩を中国側に求める考えを強調した。

 ただ、米議会では「中国に降伏したことになる」(共和党のルビオ上院議員)などと、制裁解除に反対する声が高まっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ