500ミリペットコーヒー参入相次ぐ 火付け役のサントリーが夏向け商品投入

 500ミリペットコーヒーは、アサヒ飲料が「ワンダTEA COFFEE」を4月に、日本コカ・コーラが「ジョージア ジャパン クラフトマン」を5月に発売するなど、飲料大手も追随しているほか、コーヒー大手の味の素AGFも「ブレンディ タグゴー」をこのほど発売した。

 各社の相次ぐ参入で、サントリーは昨年4000万ケース程度の同市場が2020年には8000万ケース程度に倍増すると予測。各社ともに商品強化を進めていくもようだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ