米コムキャスト、21世紀フォックス買収で7兆円提案 ディズニー上回る金額、争奪戦に

 米メディア・娯楽大手コムキャストは13日、米メディア大手21世紀フォックスに対し、娯楽部門を650億ドル(約7兆1700億円)で買収すると提案した。米ウォルト・ディズニーが524億ドルで同じ部門の買収に合意しており、米メディアの争奪戦に発展する可能性が高まった。

 コムキャストは昨年も買収を打診したが、21世紀フォックス側が、米当局に認められない可能性があると判断し、ディズニーを選んだ。米連邦地裁が12日、米通信大手AT&Tによる米メディア・娯楽大手タイム・ワーナーの買収計画を容認する判断を示したことを受け提案したとみられる。

 コムキャストは、ディズニーの提示額を上回る金額を提示し、21世紀フォックスの株主の支持を得たい考え。ディズニーは株式交換方式で買収する計画だが、コムキャストは現金で買い取る。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ