VWに罰金1300億円 独検察、排ガス規制逃れ

 ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は13日、北部ブラウンシュワイクの検察当局から排ガス規制逃れ問題で10億ユーロ(約1300億円)の罰金を科され、受け入れると発表した。

 検察当局は、同社が2007~15年に違法ソフトを搭載した車両約1070万台を世界で販売したと認定した。

 VWを巡っては15年、排ガス浄化機能を不正に操作する違法なソフトウエアを搭載し、実際の走行時の窒素酸化物(NOx)排出量が試験時を大きく上回ることが発覚。検察当局が不正の背景を捜査していた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ