スバルがフォレスターを全面改良 来月発売 反転攻勢へ正念場

 SUBARU(スバル)は20日、主力のスポーツ用多目的車(SUV)「フォレスター」を約6年ぶりに全面改良し、7月19日に発売すると発表した。相次ぐ不正発覚で消費者から厳しい視線が注がれる中、スバル車の世界販売の約3割を占めるフォレスターで反転攻勢の足掛かりをつくれるか、正念場を迎えている。

 「会社としての真の実力をつけ、信頼を再び取り戻したい。新たな一歩を踏み出す最初の商品だ」。東京都内の発表会で、22日の株主総会後に社長に就く中村知美専務執行役員は、昨年10月以降に相次いだ新車の無資格検査や燃費・排ガスデータ書き換えを謝罪した上で、こう決意を述べた。

 新型フォレスターは5代目で、運転時の安全性と快適性を高める新たな支援機能を採用。運転手の顔を認識し椅子の位置やドアミラーの角度を自動で制御するほか、居眠りなどを検知し警告する。フォレスター初のハイブリッド車(HV)も用意。価格は280万8千円から。

 スバルの国内新車販売は昨年11月から7カ月連続で前年割れとなり、5月は35・3%減。「インプレッサ」の新型車効果の一巡が大きな要因だが、中村氏は不正の影響も「多少はある」と認めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ