他社を誘致とハーレー批判 トランプ米大統領、怒り収まらず

 トランプ米大統領は3日のツイッター投稿で「ハーレー・ダビッドソンは生産の一部を米国外に移すが、私の政権は米国への移転を希望する他の二輪車メーカーと話し合っている」と他社の誘致をにおわせながらハーレーを再び批判した。

 ハーレーが6月25日に生産移管を発表して1週間余りが過ぎたが、ホワイトハウスに幹部を招くほどの「お気に入り企業」だっただけに、まだ怒りが収まらないようだ。

 トランプ氏は同じ投稿で「客はハーレーの行動を喜んでいない」と主張。2017年に売り上げが減ったとして「米国こそ活動する場所だ!」と考え直すよう迫った。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ