スバル 不正発覚で経営陣刷新も前社長の功績には評価の声

スバル前社長の吉永泰之氏は不正の洗い出しが最後の仕事

スバル前社長の吉永泰之氏は不正の洗い出しが最後の仕事

 昨秋に発覚した「出荷前のクルマの無資格検査問題」だけでなく、今年6月には「出荷前のクルマの排ガスと燃費の検査の測定値改ざん」という新たな不正も見つかったスバル。その責任を取るため、社長である吉永泰之氏は、代表権のない会長に退いた。吉永氏が社長を務めた2011年から現在までの間に、スバルはどのように変わったのか、モータージャーナリストの鈴木ケンイチ氏が振り返る。

* * *

 吉永氏が社長を務めた2010年代のスバルは、過去最大の成長を遂げた時期と言えるでしょう。吉永氏が社長に就任したのは2011年6月。その1か月前に発表されたスバルのリリースは「スバルの世界販売台数、売上高、当期純利益が過去最高」というものでした。

 その数字は、世界での販売台数は65万7000台、売上は1兆5806億円、営業利益率5%台というもの。ところが、それからスバルの過去最高は、吉永時代に、どんどんと更新され、2018年3月期の決算では、販売台数106万7000台、売上は3兆4052億円、利益率は11.1%にも。なんと7年でスバルは2倍ほども大きな会社に成長してしまったのです。

 成長の理由は、北米市場での成功です。とはいえ、スバルは1970年代から北米には進出していましたがクルマがなかなか売れません。北米に工場を作ったものの、生産台数を維持することができずに、2016年までトヨタの下請けとしてカムリの生産を行っていたほどでした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ