「金持ち企業」ランキング、2位は任天堂 1位は2年連続の……

 現預金と有価証券の合計額から有利子負債を差し引いた「ネットキャッシュ」が潤沢な企業は? 与信管理を手掛けるリスクモンスターの調査によると、1位は化学メーカーの信越化学工業(東京都千代田区)の8389億円だった。同社は2年連続のトップで、2017年の調査から約1000億円増加していた。

「金持ち企業」トップ100社(=リスクモンスター調べ)

「金持ち企業」トップ100社(=リスクモンスター調べ)

 製造業が好調、ソニーが大幅ランクアップ

 2位は任天堂(7445億円)。リスクモンスターは「上位2社のネットキャッシュ額は保険会社と同等であり、その資金力の豊富さが確認できる」と分析する。

 3位はSUBARU(6791億円)。13~16年にかけて1位だったファナックは、17年からワンランク下げて4位(6023億円)だった。「ファナックは株主に大幅な利益還元を行う方針に転換した影響でネットキャッシュが減っている」という。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ