「猛暑で未経験の消費行動生まれる」茂木敏充経済再生担当相

 茂木敏充経済再生担当相は24日午前の閣議後の記者会見で、連日の記録的猛暑が経済に与える影響について「これまで経験していない、さまざまな消費行動が生まれてくると思う」との見方を示した。

 足元については具体的に、エアコン需要の急激な高まりを受け「エアコンの設置が間に合わない状況になっている。テレビのコマーシャルも減っている」と指摘。また、午前中から30度を超える暑さになっている影響で、「(消費者が)レジャー施設に涼みにいくこと自体を控えている」とも述べた。

 その上で、「猛暑の影響はプラス面とマイナス面(の両方)を考慮しなければならない。今後公表される各種の指標や企業へのヒアリングを通じ、しっかり分析していきたい」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ