東芝メモリ、岩手新工場を起工 迫る中国、勝ち残りへ1兆円投資

 半導体大手の東芝メモリは24日、NAND型フラッシュメモリーの新工場を岩手県北上市で起工した。同社が6月に東芝グループから独立して以来、初めての大型投資。四日市工場(三重県四日市市)に続く第2の生産拠点として約1兆円を投じ、増加するデータセンター向け需要などを取り込む構えだ。(山沢義徳)

 「東芝本体を離れて2カ月、経営判断のメリハリを付けられるようになった」

 起工式後の記者会見で、成毛康雄社長は晴れやかな表情を見せた。北上工場は建屋面積4万平方メートル、5階建て。人工知能(AI)を活用した生産システムも導入し、2年後の量産開始後は1千人余りが働く。

 技術開発拠点でもある四日市では6番目の製造棟が稼働し、もう用地の余裕がない。災害への備えも念頭に、今後の増産投資は岩手を中心に進めるという。

 フラッシュメモリーの需要は、長期的な拡大が確実視されている。中でも引き合いが強いのは、ハードディスクより高速・省電力でデータを転送できる外部記憶装置「SSD」向けだ。AIや自動運転の広がりを背景に、データセンター事業者の多くがSSDへの切り替えを急いでいる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ