フェーン現象酷暑の新潟経済に明暗 ビアガーデン盛況、コメ大打撃 

 新潟県内は31日も各地で気温が上昇し阿賀町では最高気温が36・1度を記録し、フェーン現象などにさらされ7日連続の猛暑日となった。連日のうだるような暑さで、ビアガーデンや家電量販店が特需に喜ぶ一方、コメ農家は猛暑と水不足に頭を悩ませ、レジャー施設では客足が遠のくなど明暗が分かれている。危機感を抱いた県は8月1日、渇水対策の緊急会議を18年ぶりに開催し県民の不安払拭に応える。(松崎翼、太田泰)

 ビアガーデンがあるホテルオークラ新潟(新潟市中央区)では「前年に比べて入客数、売上高ともに100%を超えるペース」(同ホテル担当者)と笑顔を隠さない。今年は雨天による休止が少なかったことに加え、女性のグループ客が増加していることも売り上げ増を後押ししている。

 また、「ヨドバシカメラ マルチメディア新潟駅前店」(同区)では、エアコンを中心に家電の売れ行きが好調。例年の1・5~2倍の売れ行きだが、業者によるエアコンの取り付け作業は、2週間ほど待たなくてはならない。

 東北電力によると、東北地方が梅雨明けした7月14日以降の最大需要電力は、同月20日午後3時時点で、本県と東北6県を合わせて1339万キロワットに到達。昨夏で最も高かった数値よりも約3%高く、平成28年の電力小売り全面自由化以降では夏の最高値を更新した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ