東芝、純利益1兆円超 メモリ売却で4~6月期

 東芝が8日発表した2018年4~6月期連結決算は純利益が1兆167億円となり、四半期として過去最高を更新した。半導体子会社だった東芝メモリの売却が6月に完了したことで約9700億円の売却益が上乗せされ、前年同期の503億円から大幅に増えた。

 野村ホールディングスによると、日本取引所グループ(JPX)に上場する主要400銘柄で04年以降、四半期の純利益が1兆円を超えた企業はないという。売上高は前年同期比7・3%減の8422億円だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ