NTTドコモ、釜石の新スタジアムで観光客動態調査の実証実験

 NTTドコモは10日、2019年ラグビーワールドカップ(W杯)会場となる岩手県釜石市の「釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアム」で、19日に開かれる完成イベントの来場者の位置情報を活用し、周辺の観光施設へどう移動するか実証調査すると発表した。来場者の移動傾向を分析しW杯での交通渋滞の緩和や今後の観光振興につなげる狙いがある。

 位置情報の把握技術はドコモが指定した場所で衛星利用測位システム(GPS)や公衆無線LAN「Wi-Fi(ワイファイ)」を利用した人を検知するシステム。今回の調査は乗り換え案内アプリ「駅すぱあと」の利用者のうち、位置情報の利用を許諾した人を分析対象とする。岩手県内の主な観光地など30カ所を選び、スタジアムで位置情報を検知された人が、前後にどこを訪れていたかを分析する。

 ドコモによると、これまでは商業施設などで来場状況を測定するのに活用していたが、複数箇所の訪問情報を合わせて観光動態の分析につなげるのは初の試みという。

 同スタジアムは7月末に完成したばかりで、W杯での円滑な交通誘導のほか、観光地との連携を強化する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ