鶏卵の出荷に欠かせぬ黒子役 国産初の鶏卵全自動選別包装装置 京都市のナベル

 【京企業 探訪】

 多くの家庭の食卓で欠かすことができない卵。ナベル(京都市南区)は、壊れやすい鶏卵を生産農家から店頭へ出荷されるまで優しく包装する産業用機械の製造・販売を手がける。こうした機械の国内シェアは約8割、世界シェアも約2割で世界2位といい、京都を代表する世界的企業の一社だ。

 大手電機メーカーなどの生産ラインに使う制御機器の下請け製造を行っていた昭和50年ごろ、創業者の南部邦男会長が、取引先メーカー従業員から「鶏卵を自動選別して包装する国産機械がない。機械の作り方教えるから。もうかるぞ」と声をかけられた。

 当時、20代後半だった南部会長は「面白そうや」と心を動かされた。下請けの仕事が終わった夕方以降、弟2人を含む仲間の社員らと国産初の実現に向けて、開発に夢中になった。しかし、うまくいかない。失敗の連続で、試作機では鶏卵を仕分ける前に割れてしまう。

 目的の機械より先に、超音波振動で卵パックの樹脂を溶かしてふたをする機械を日本で初めて開発。これがヒットした。この機械の利益をつぎ込み、約5年後の54年、鶏卵を1個ずつやさしくつかみ、割らずに包装する「鶏卵全自動選別包装装置」の商品化に成功した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ