東京の奥座敷「熱海」が華麗に復活したヒミツ

 【経済インサイド】

 日本三大温泉の一つに数えられる「熱海」(静岡県)がにぎわいを取り戻している。高度成長期に「東京の奥座敷」として多くの新婚旅行や社員旅行の客が訪れたが、平成10年ごろからバブル経済の崩壊や団体旅行の減少が進んだことで、18年には熱海市が財政危機を宣言するまでに衰退した。その後地域挙げての街興しの成果が実を結び、昨年ごろから“熱海復活”として注目され始めている。

 夏休みの行楽客が行き交うJR熱海駅前の土産物店が並ぶアーケード街を抜けて15分ほど歩くと、メインストリートの「熱海銀座商店街」にたどり着く。入り口付近には創業100年の和菓子店「熱海本家ときわぎ」の風格ある宮造りの店舗が目を引く。日用雑貨店や喫茶店、紳士・婦人洋品店、銀行といった地域の人が日常の買い物をする店のほか、ジェラート(氷菓)店、イタリアンバーなど観光客向け店舗も含め、30店が長さ170メートルの道の両側に並ぶ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ