東芝メモリ四日市工場の第6製造棟が完成、首位サムスン巻き返しへ

 半導体大手の東芝メモリは19日、三重県の四日市工場(四日市市)で建設を進めていた第6製造棟の竣(しゅん)工(こう)(しゅんこう)式を行った。スマートフォンやデータセンターのデータ保存に使う「NAND型フラッシュメモリー」で世界シェア2位の同社は、第6製造棟で記憶容量の大きい最先端品を製造する計画。岩手県北上市でも新工場を建設中で、一気に生産規模を拡大し首位の韓国サムスン電子に迫る考えだ。

 第6製造棟には東芝メモリが既に5000億円超を投じたほか、協業相手の米ウエスタンデジタル(WD)も投資。今月から両社で共同開発し、記憶素子を96層積み重ねた最先端品「3次元フラッシュメモリー」の量産を始めており、市場動向に応じ追加投資も行う。 

 WDとは北上工場にも共同投資する方針。東芝メモリの成毛康雄社長はこの日の記者会見で「共同投資、共同開発で規模や生産性を確保できる」と強調。同席したWDのスティーブ・ミリガン最高経営責任者(CEO)は「強固なパートナーシップをさらに強固にしていく」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ