関西空港物流、一歩ずつ回復…台風1カ月、復旧費用負担に課題

 台風21号の影響でまひした関西国際空港の物流機能は、被害発生から1カ月を経て正常化しつつある。3日には医薬品物流を支える倉庫の荷受けが再開。成田空港などに出荷を振り分けていた企業は関空に戻り始めている。ただ、倉庫の修復が終わっていない航空会社もあり、完全復旧にはなお時間がかかりそうだ。

「オプジーボ」輸出再開へ

 「貨物地区では多くのトラックが貨物を運んでいる。お客さまにもう一度使っていただけるよう営業に力を入れたい」。関空を運営する関西エアポートの山谷佳之社長は3日の記者会見で復旧の手応えを語った。

 関空が注力する医薬品物流では、専用の定温倉庫が1日から稼働し、3日に荷受けも再開。小野薬品工業は一度、他空港に振り替えたがん免疫治療薬「オプジーボ」の輸出を今月中に関空へ戻すと決めた。

 電子部品関連でも、ロームは成田空港や中部国際空港に振り分けていた出荷を今月に入ってすべて戻した。京セラも関空からの出荷を7~8割再開した。

全日空は冷蔵設備使えず

 航空会社では、日本航空の貨物便運航スケジュールや貨物取り扱い能力は今月、従来通りに戻った。一方、倉庫に大きな被害を受けた全日本空輸は、冷蔵設備が使えない状態が続き、貨物取扱量は台風前の3割程度にとどまる。

 貨物の大半を成田に振り替えているパナソニックでは、輸送コストの増加が課題になっている。「完全に元通りになるには、まだまだ時間がかかる」とし、他空港への振り替えが長期に及ぶ可能性も考慮している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ