東芝、47億円を損失補償 メモリー事業売却で

 東芝は5日、半導体メモリー事業の売却に絡み、米ファンドのベインキャピタルなどが現在率いる「東芝メモリ」から約47億7千万円の損失補償の請求を受け、平成31年3月期連結決算に損失計上すると発表した。

 東芝は、東芝メモリの特許や訴訟などに関して生じる損失を負担する義務を負っている。今回の補償内容は明らかにしていない。今後も請求を受ける可能性がある。

 東芝は6月1日、メモリー事業を、ベインキャピタルを中心とする企業連合に約2兆円で売却した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ