ルンバが低価格路線に その理由とは

【経済インサイド】

 ロボット掃除機「ルンバ」を展開するアイロボットジャパン(東京都千代田区)が7万円(税別)の中位モデルの価格を一気に2万円下げる低価格路線に打って出た。掃除機市場全体が頭打ちとなるなか、ロボット掃除機市場でシェア6割を誇る最大手による事実上の低価格路線への転換は、「危機感」の表れともみてとれる。掃除機市場の勢力図が変わる可能性もあるだけに注目が集まっている。一体、何があったのか…。

 同社は10日、丸ごと水洗いできるダクト容器を初めて採用したロボット掃除機「ルンバe5」を26日から販売すると発表した。1回の稼働時間が高級モデルと遜色のない90分に伸びたうえ、スマートフォンによる操作で、外出先から掃除を始めることができ、終了後に通知が届く機能も付く。だが、価格は4万9880円(税別)と、5万円を切る設定に変更する方針転換を打ち出した。

頭打ち市場に危機感

 この日、発表会に出席した挽野元(はじめ)社長は、この理由について、「一家に1台普及させたいからだ」と強調。普及促進に向け、店頭プロモーションの強化に乗り出す方針も明らかにした。

 背景には、ロボット掃除機の販売の伸びが頭打ちになってきたことが大きい。実は、日本市場はアイロボットにとって米国に次ぐ、世界第2位の販売数の重要市場。平成18年に日本市場に参入してから、今年9月末までに累計で300万台を販売している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ