米中間選挙 日商会頭「外交への影響は軽微」

 米中間選挙の日本への影響について、日本商工会議所の三村明夫会頭は7日の定例会見で、「今回の争点は、外交よりも社会保障や移民政策など内政問題に置かれていたし、外交は上院が取り扱うわけで、日本への影響は軽微」との見方を示した。

 さらに、「予算や税金は下院に先議権があり、民主党と相当議論しないとものごとが通らなくなる」と指摘。「米国の将来や安定的な成長ということからすれば、こういうあり方もある。米国民の一つの選択だった」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ